• 株式会社スムトコ_インスタグラム
  • 株式会社スムトコ_YouTube
  • 株式会社スムトコ_tiktok
  • 株式会社スムトコ_facebook
2023.08.30
家作りの考え方

【ルーフバルコニーの使い方・活用法・アイデア11選】設置する場合の注意点も解説

【ルーフバルコニーの使い方・活用法・アイデア11選】設置する場合の注意点も解説

▶施工事例:暖炉のリビングでまどろむ家

都市部で注文住宅を建てるとき、予算の関係から敷地はコンパクトにしたい一方で、庭のような屋外の空間が欲しい場合もあるでしょう。

このようなケースは「ルーフバルコニー」の利用がおすすめです。

本記事では、注文住宅で「ルーフバルコニーを導入する場合の使い方や活用法・アイデア」について解説しています。

屋上を上手に活用して、機能的で開放性の高い空間を手に入れましょう。

Contents

『ルーフバルコニー』の魅力・メリット

ルーフバルコニーは開放的な空間を手に入れられる点が大きな魅力

▶施工事例:屋上を楽しむ3階建て

部屋の直上の空間を屋根ではなく、利用できる平らな空間として仕上げるルーフバルコニーは導入することで、以下のメリットを感じられるでしょう。

  • ・敷地面積が限られた土地でも広々した空間が手に入る
  • ・採光を取りにくい都市部でも日当たりの良い場所を確保できる
  • ・壁を立ち上げることでプライベート感のある空間が手に入る
  • ・気軽に外に出て気分転換ができる

 

都市部では光や風を取り込むのが難しいものですが、ルーフバルコニーを利用することで、光のよく当たる開放的な空間を手に入れられます

周囲が住宅や建物に囲まれていても、プライベートな外部空間を手に入れたいと思うなら、ぜひルーフバルコニーの導入を検討しましょう。

「ルーフバルコニーに興味がある」という方は、ルーフバルコニーを多く採用してきたsumutoco(スムトコ)までご相談ください。

▶sumutoco(スムトコ)に問い合わせる

※しつこい営業は行っておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

 

sumutoco(スムトコ)は首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉・茨城)のお客様の家づくりをお手伝いしています。

▶sumutoco(スムトコ)の施工エリアはこちら

紹介した事例のほかにも、おしゃれな家の施工事例を紹介しています。中庭からの光が差し込む家や間接照明がおしゃれな家など、たくさんの事例の写真を掲載しているので、ぜひご覧ください。

▶sumutoco(スムトコ)の手掛けた家を見る

 

『ルーフバルコニー』11の使い方・活用法・アイデアを紹介

実際にルーフバルコニーを採用した場合、どのような使い方ができるのでしょうか。

具体的な使い方を紹介するので、参考にしてください。

  • (1)子ども・ペットが安全に遊べる場として活用
  • (2)日の当たる場所で洗濯物・布団を干す
  • (3)家族・友人と集まってバーベキューを楽しむ
  • (4)テント・ハンモックを利用して自宅でキャンプ
  • (5)夏場はビニールプールを置いて涼む場所に
  • (6)休日はお茶を楽しむリラックススペースとして
  • (7)夜は夜景を見ながら静かにお酒を飲む場所に
  • (8)ヨガ・ストレッチなど運動するための空間として活用
  • (9)家庭菜園やガーデニングで自然を感じて暮らす
  • (10)外用の物置を設置して外のものを収納
  • (11)喫煙者が気軽にタバコを吸える場所として

 

(1)子ども・ペットが安全に遊べる場として活用

リビングからも見える安心・安全な広々としたルーフバルコニー

▶施工事例:車庫のある邸宅

ルーフバルコニーは、車が通行することもなく、知らない人が入ることもない、プライベートで安全な場所です。

「子どもやペットを安心して遊ばせられる場所」として利用できます。

特に遊ぶ場所、散歩をする場所が限られる都内では、安心して遊べる外の空間は重宝します。

(2)日の当たる場所で洗濯物・布団を干す

土地の周囲を高い建物で囲まれることのある都市部では、光を取り込みづらいことが問題となることがあります。

1階・2階では光が差し込まない土地でも、屋上を利用するルーフバルコニーには光が差し込み「光が当たる場所で洗濯物や布団を干す」ことが可能です。

(3)家族・友人と集まってバーベキューを楽しむ

ルーフバルコニーに水道があれば、バーベキューをするときにも重宝する

▶施工事例:モダンなキューブハウス

ルーフバルコニーは「バーベキューを楽しむ場」としても利用できます。

都市部に住んでいて自家用車を保有していない場合、バーベキューを行いたいと思っても用具を運搬する関係で中々実行できません。

自宅の屋上に十分な広さの空間があれば、いつでも気軽にバーベキューを行えるでしょう。

(4)テント・ハンモックを利用して自宅でキャンプ

バーベキューに加えて「テントやハンモックを利用して自宅でキャンプ」もできます。

特にハンモックは、フックをかける場所さえ準備しておけば気軽に利用できるので、自宅にいながらにして気軽に気分転換できる点は魅力的です。

(5)夏場はビニールプールを置いて涼む場所に

ソファがありシャワーや植栽も設けられたルーフバルコニー。夏場には気軽にレジャー感覚で利用できる

▶施工事例:屋上で憩うエレガントな邸宅

夏の盛りは子どもとプールに行きたいものですが、プールまでの道のりが暑く、さらにプールは多くの人が利用していてリラックスできない可能性もあります。

ルーフバルコニーであれば「自宅で気軽に人ごみや視線もを気にせずにプールで涼めます」

(6)休日はお茶を楽しむリラックススペースとして

休日はおちゃを楽しみながらゆったりできる、プライベート感の高いルーフバルコニー

▶施工事例:小さなヌックのある家

テーブルとイスがあれば「休日にお茶を楽しむリラックススペース」として利用できます。

特に屋根を設けたルーフバルコニーであれば、日差しの強いときや雨のときでも利用できるので、利用できるタイミングが多くなります。

(7)夜は夜景を見ながら静かにお酒を飲む場所に

照明を取り付けたルーフバルコニーは夜景を楽しむときにも利用できる

▶施工事例:屋上テラス付きの3階建て

昼間だけでなく「夜は夜景を見ながらお酒を楽しむ場所」としても利用できます。

都市部は周囲を住宅で囲まれて眺望が望めないケースがありますが、高さのあるルーフバルコニーなら、視界が開ける可能性があります。

花火のある時期には、人ごみを避けてゆったりと花火を見られるのもメリットです。

(8)ヨガ・ストレッチなど運動するための空間として活用

本を読む、お茶を飲むなど静かに利用する以外に「ヨガやストレッチといった軽運動」にも利用できます。

特に気候の安定している春・秋は、心地よい風と日光を感じながらルーフバルコニーで運動を楽しめるでしょう。

(9)家庭菜園やガーデニングで自然を感じて暮らす

光・風が差し込むルーフバルコニー。ガーデニングや家庭菜園スペースにも利用できる

▶施工事例:シンボリックなサイディングの家

太陽光がよく当たるため「家庭菜園やガーデニング」も行えます。

都市部では中々自然を感じながらの暮らしはしづらいものです。しかしルーフバルコニーがあれば、土をいじる生活を楽しむことが可能です。

(10)外用の物置を設置して外のものを収納

ルーフバルコニーを便利に利用するなら「外用の倉庫を置く」ことも薦められます。

敷地が限られている都市部での住宅では、アウトドア用品の収納に困ることが少なくありません。

外用の倉庫をルーフバルコニーに置けば、外のものを雨・太陽光にさらすことなく収納できるでしょう。

(11)喫煙者が気軽にタバコを吸える場所として

近年は喫煙者が自宅の室内でタバコを吸いづらい環境になっています。

屋上があれば「気軽にタバコを吸う場」としても利用できるでしょう。

ただし、隣家の窓やバルコニーが近い場合など、煙のゆくえには注意が必要です。

 

ルーフバルコニーを設けることで、こうした暮らしを実現できる可能性があります。

一方でルーフバルコニーにを利用するうえで注意する必要があることも。事前にしっかり確認しておきましょう。

▶関連コラム:【いらなかった…?】戸建てルーフバルコニーで後悔・デメリットを感じる7つの瞬間と対策│良かったと思う瞬間も紹介

『ルーフバルコニー』を活用するために注意したいこと

ルーフバルコニーの活用を考えるうえで、確認しておきたいこと、注意しておきたいことは以下の8つです。

  • ・周囲の建物を考慮して目隠しを設ける
  • ・騒音やにおいでトラブルにならないよう配慮
  • ・階下に熱が伝わらないようしっかり断熱
  • ・コンセントと水栓は必ず用意しておく
  • ・雨漏りを避けるために掃除・メンテナンスを考慮
  • ・屋根を設けて雨の日も使えるように
  • ・ルーフバルコニーへのアクセスを考えておく
  • ・天候によって使用できない場合があることを認識

 

周囲の建物を考慮して目隠しを設ける

ルーフバルコニーでくつろぐ場所から隣家の窓が見えないよう壁の高さなどを調節する

▶施工事例:工業的デザイン邸宅

必ず確認しておきたいのは「周囲の建物と窓・バルコニーの位置」です。

ルーフバルコニーを設けても、正面が隣家のリビングや会社のオフィスであれば、視線が気になって利用頻度は落ちるでしょう。

気になる窓・バルコニーがある場合は、目隠しを設けたり壁を立ち上げるなどして対策を取りましょう。

騒音・においでトラブルにならないよう配慮

隣家との距離が近くなる都市部の住まいでは「騒音・においによるトラブルが起きないよう注意」する必要があります。

子どもが遊ぶとき、バーベキューをするときタバコを吸う時とき、目には見えなくても音・煙は伝わります。

音や煙が隣家に影響を及ぼさないよう、壁を立ち上げたり利用する時間を検討するなど対策が必要です。

階下に熱が伝わらないようしっかり断熱

ルーフバルコニーを設ける場合は階下に熱が伝わらないよう断熱を施す

▶施工事例:変形リビングが広がりを生む家

ルーフバルコニーの下にはLDKや寝室などの居室があります。

「しっかり断熱を施して熱が伝わらないように」する必要があります。

ルーフバルコニーの施工経験が豊富で、断熱への意識が高い業者に依頼することがおすすめです。

 

sumutoco(スムトコ)では、耐震・断熱性能にも気を配っています。耐震・断熱性能への配慮について知りたい方はこちらの記事がおすすめです。→
▶sumutoco(スムトコ)の家づくり 耐震性能

▶sumutoco(スムトコ)の家づくり 断熱性能

 

コンセントと水栓は必ず用意しておく

ルーフバルコニーを利用するときや掃除するとき、設けておきたいのは「コンセントと水栓」です。

コンセントと水栓の有無で快適性がガラッと変わるので、迷ったら設置することをおすすめします。

雨漏りを避けるために掃除・メンテナンスを考慮

雨漏りを避けるためにルーフバルコニーはメンテナンスが必要。メンテナンスしやすい仕様にすることも大切。

▶施工事例:外に閉じ、内に開く家

ルーフバルコニーを設ける場合に必ず避けたいのは雨漏りです。

「日々の掃除やメンテナンス」を行うことで雨漏りのリスクを低減できます。

ルーフバルコニーに出している物をしまって掃除できるよう、設計段階でメンテナンスのことも配慮しましょう。

屋根を設けて雨の日も使えるように

水道やコンセントと並んで「屋根の有無」も使いやすさに直接関わります。

日差しの強いときや雨の日でも気軽に利用できるように、屋根の設置を検討してみましょう。

ルーフバルコニーへのアクセスを考えておく

利用頻度が高くなるよう、ルーフバルコニーは動線を短くする工夫も必要

▶施工事例:好きな場所で過ごす3階建て

「ルーフバルコニーへのアクセス方法」も考えておきたいところです。

歩く幅の狭い鉄骨階段を利用することもできますが、通路幅が狭く上り下りが大変に感じられればルーフバルコニーの利用頻度は低くなります。

目的に合わせて、ルーフバルコニーに出る通路の仕様や幅を検討しましょう。

天候によって使用できない場合があることを認識

ルーフバルコニーは「毎日利用できる訳ではありません」

夏の暑さが厳しいとき、雨や雪が降っているときには使えず、ルーフバルコニーで行う予定であった洗濯や布団干し、ペットの運動などができない場合も。

ルーフバルコニーを使えない場合の行動も考えておきましょう。

まとめ│目的を決めてルーフバルコニーをしっかり活用!

明るく開放的なルーフバルコニーの導入で都市部の住まいも快適に

▶施工事例:斜め壁リビングの家

屋根スペースを有効活用するルーフバルコニーについて、使い方・活用方法のアイデアを紹介しました。

今回紹介した使い方のほか、ルーフバルコニーには様々な使い方が考えられます。

都市部で一戸建てを建築する場合に不足しがちな外部空間を手に入れるために、目的を定めてルーフバルコニーの設置を検討しましょう。

▶『ルーフバルコニーのある家』が気になった方はsumutoco(スムトコ)まで、お気軽にお問い合わせください!

 

10年住んでも新しい「好き」が見つかる家へ

家は建てて終わりではありません。新しい生活のスタートです。
その生活が心地良く後悔の残らないように、私たちは以下のことを大切にしています。

  • ▷打ち合わせ回数は平均20回
  • ▷費用・原価を全て開示
  • ▷土地探しからローン相談まで
  • ▷最先端工法でこだわりの住宅性能

もっと詳しく知りたい方は「sumutoco(スムトコ)の家づくり」をご覧下さい。
sumutoco(スムトコ)の家に興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

▶sumutoco(スムトコ)に問い合わせる

▶sumutoco(スムトコ)の家づくり

▶sumutoco(スムトコ)の施工エリア

【東京都:施工エリア】
千代田区/中央区/港区/新宿区/文京区/台東区/墨田区/江東区/品川区/目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/豊島区/北区/荒川区/板橋区/練馬区/足立区/葛飾区/江戸川区/八王子市/立川市/武蔵野市/三鷹市/青梅市/府中市/昭島市/調布市/町田市/小金井市/小平市/日野市/東村山市/国分寺市/国立市/福生市/狛江市/東大和市/清瀬市/東久留米市/武蔵村山市/多摩市/稲城市/羽村市/あきる野市/西東京市/西多摩郡(瑞穂町/日の出町/檜原村/奥多摩町)

 

【埼玉県:施工エリア】
埼玉県
さいたま市(西区/北区/大宮区/見沼区/中央区/桜区/浦和区/南区/緑区/岩槻区)/川越市/熊谷市/川口市/行田市/秩父市/所沢市/飯能市/加須市/本庄市/東松山市/春日部市/狭山市/羽生市/鴻巣市/深谷市/上尾市/草加市/越谷市/蕨市/戸田市/入間市/鳩ケ谷市/朝霞市/志木市/和光市/新座市/桶川市/久喜市/北本市/八潮市/富士見市/三郷市/蓮田市/坂戸市/幸手市/鶴ヶ島市/日高市/吉川市/ふじみ野市/白岡市/北足立郡伊奈町/入間郡(三芳町/毛呂山町/越生町)/比企郡(滑川町/嵐山町/小川町/川島町/吉見町/鳩山町/ときがわ町)/秩父郡(横瀬町/皆野町/長瀞町/小鹿野町/東秩父村)/児玉郡(美里町/神川町/上里町)/大里郡寄居町/南埼玉郡(宮代町/白岡町)/北葛飾郡(杉戸町/松伏町)

 

【神奈川県:施工エリア】
神奈川県
横浜市(鶴見区/神奈川区/西区/中区/南区/保土ケ谷区/磯子区/金沢区/港北区/戸塚区/港南区/旭区/緑区/瀬谷区/栄区/泉区/青葉区/都筑区)/川崎市(川崎区/幸区/中原区/高津区/多摩区/宮前区/麻生区)/相模原市(緑区/中央区/南区)/横須賀市/平塚市/鎌倉市/藤沢市/小田原市/茅ヶ崎市/逗子市/三浦市/秦野市/厚木市/大和市/伊勢原市/海老名市/座間市/南足柄市/綾瀬市/三浦郡葉山町/高座郡寒川町/中郡(大磯町/二宮町)/足柄上郡(中井町/大井町/松田町/山北町/開成町/箱根町/真鶴町/湯河原町)/愛甲郡(愛川町/清川村)

 

【千葉県:施工エリア】
千葉県
千葉市(中央区/花見川区/稲毛区/若葉区/緑区/美浜区)/銚子市/市川市/船橋市/館山市/木更津市/松戸市/野田市/茂原市/成田市/佐倉市/東金市/旭市/習志野市/柏市/勝浦市/市原市/流山市/八千代市/我孫子市/鴨川市/鎌ケ谷市/君津市/富津市/浦安市/四街道市/袖ケ浦市/八街市/印西市/白井市/富里市/南房総市/匝瑳市/香取市/山武市/いすみ市/大網白里市/印旛郡(酒々井町/栄町)/香取郡(神崎町/多古町/東庄町)/山武郡(大網白里町/九十九里町/芝山町/横芝光町)/長生郡(一宮町/睦沢町/長生村/白子町/長柄町/長南町)/夷隅郡(大多喜町/御宿町)/安房郡鋸南町

 

【茨城県:施工エリア】
茨城県
水戸市/日立市/土浦市/古河市/石岡市/結城市/龍ケ崎市/下妻市/常総市/常陸太田市/高萩市/北茨城市/笠間市/取手市/牛久市/つくば市/ひたちなか市/鹿嶋市/潮来市/守谷市/常陸大宮市/那珂市/筑西市/坂東市/稲敷市/かすみがうら市/桜川市/神栖市/行方市/鉾田市/つくばみらい市/小美玉市/東茨城郡(大洗町/城里町)/那珂郡東海村/久慈郡大子町/稲敷郡(美浦村/阿見町/河内町)/結城郡八千代町/猿島郡(五霞町/境町)/北相馬郡利根町

 

株式会社sumutoco(スムトコ)
〒174-0055 東京都板橋区泉町5-15
TEL:03-6454-9878
FAX:03-6454-9879

▶sumutoco(スムトコ)に問い合わせる